フォークリフトを運転する時の心得!そして注意事項とは!

フォークリフトは市場や倉庫など様々な場所で活躍しています。

そんなフォークリフトですが、運転時の少しのミスで大きな事故や災害につながる恐れがあります。

できるだけ事故を防ぐために、運転する時の心得や注意事項をご紹介します。

スポンサードリンク

フォークリフトを運転する時の注意事項をしっかり確認しよう!

基本的にはフォークリフトが走行するのは公道(走行条件があります。)より敷地内だと思いますが、フォークリフトも自動車の仲間です。

そのため、運転するとき時には注意事項をしっかり確認しておく必要があります。

どういったことに注意する必要があるのか紹介します。

運転資格

フォークリフトを運転するには、講習の修了証を持っている人しか出来ません。

また運転する時には、修了証を携帯しなければなりません。

服装

作業服など長袖・長ズボンで、ヘルメットや安全靴を着用する。

点検・検査

作業前は必ず点検をしましょう。

異常箇所がある場合はすぐに責任者に報告して必要な修理をする。

正しい運転姿勢を守る

速度制限を守ろう

特に夜間はライトを点灯しゆっくりと走行しましょう。

急旋回・急停止をしない

荷物が落下したり横転する危険があります。

上げたフォークや積荷の下に人を立ち入らせない

荷物が落下した時に怪我をする可能性があります。

マストとヘッドガードの間で作業しない

一度停止し運転席を降りて確認する。

人が直接フォークやパレットに乗って作業しない

転落の危険がある

バックレストの高さを超えて荷物を積まない

運転席に荷物が雪崩れてくる可能性があります。

積荷は低い位置にして片寄らないように注意する。

坂での運転

坂を下る時はバック走行する。

以上のことに注意してフォークリフトを運転するようにしましょう。

フォークリフトを運転する時にヘルメットは着用しないといけないの?

そもそも車(バイクなどは除く)に乗る時にヘルメットはかぶりませんが、フォークリフトの場合はどうなのでしょうか。

正解は…厚生労働省の規定によって「関係労働者に、保護帽、安全靴等の保護具を着用させること」と明記されています。

保護帽=ヘルメットなのでフォークリフトを運転する時にはヘルメットを着用しないといけません。

ヘルメットと言っても「飛来・落下物用」「墜落時保護用」「感電防止の電気用」と保護帽規格があります。

作業内容にあったヘルメットで頭にあったサイズを選びましょう。

ヘルメットはまっすぐに深く被り、あご紐が緩まないようにしっかりと着用しましょう。

まとめ

運転する人は事故を起こさないようにするために、注意事項をよく理解ししっかりと守ってくだい。

また万が一事故が起きてしまった時に、少しでも怪我を軽減させるためにもヘルメットをしっかりとかぶりましょう。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました