履歴書の書き方が知りたい!学歴は和暦と西暦どっちが正しい?

履歴書は、企業に自分を知ってもらう材料として重要なものです。

気合を入れて。さぁ履歴書を書くぞ!

「え?生年月日や学歴って和暦?西暦?」

「そもそもどうやってかくんだ?」と迷うことも多いと思います。

今回は新卒にむけて、魅力的な履歴書の書き方についてかいていこうと思います。

スポンサードリンク

履歴書の書き方とは?学歴の暦を統一して新卒向けの履歴書を作ろう!

まず、履歴書を書くことは学生から社会人への第一歩だと考えてください。

採用担当者に好印象を持ってもらえるように丁寧にかきましょう。

履歴書を書くポイントは以下の通りです。

年月日

西暦と和暦のどちらでも構いません。

数字も算用数字でOKです。

しかし、ここで大切なのが、選んだ方ですべてを統一させましょう。

日付を記入する欄のところ全てです。

提出日

手渡しの場合は当日、郵送であるなら投函日を記入しましょう。

氏名

振り仮名は、“ふりがな”なら平仮名、“フリガナ”はカタカナでかきましょう。

住所

都道府県名から略さずに記入しましょう。

学歴

学校名は正式名で記入しよう

例えば、○○私立(市立や府立等) ○○高等学校 卒業見込み

というように、“高校”も“高等学校”と略さず最後まで書きましょう。

まだ在学している場合は、最後に“卒業見込み”と記入しましょう。

また、浪人や予備校は書く必要はありません。

高校卒業から大学入学までに、期間が空いていれば、企業の担当者が
“浪人してたんだな”理解します。

履歴書を魅力的にする方法とは?

さて、ここからは、履歴書を魅力的にする方法を書きたい思います。

自分の強みをみつけ、会社のニーズに合わせて厳選をする。

普段、友達や家族に言われていることや自分で思うことを一度書き出してみましょう。

そうすると、自分の強みが何個か上がってくるはずです。

その中でも、会社が求めている人材は何なのか見極めて、自己PR文や志望理由、長所に記入することができます。

まとめ

今回は、履歴書の書き方についてかいてきました。

基本的な書き方や履歴書を魅力的にするポイントを押さえていただけたかと思います。

是非、ここまでの事を参考にあなたらしい履歴書を書いてくださいね。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました